お金2.0からお金よりも大事な、お金の本質が学ぶ

読書
こんにちは、
お金が大好きな、やっさんです。
 
 
そ、そんな
お金に汚い人を見るような目で
見ないでくださいよー
 
 
なんとなく、カネカネと言っていると
よくない印象があるかもしれませんが、
お金が必要なのは間違いありません。
 
 
そのお金のために、みんな仕事をして
ストレスをため生活しています。
 
給料が上がったら
そりゃー誰しも嬉しいだろうし、
 
ボーナスカットされたら、
怒るはずです。
 
 
それって、悪いことですカネ?
 
 
本当はお金が好きなのに、
 
「お、俺はそんな金には執着しねーし」
 
とか言っている人は、
正直、僕は信用できないですけどね。
 
 
ということで、今日は、
「お金2.0」という本について
書いていきます。
 
 
 
この本は僕がたまに行く本屋さんの
ビジネス書ランキングに入っていて
気になっていた本でした。
 
 
著者の佐藤航陽さんは、
メタップスという会社の代表取締役です。
 
時間を売買する
「タイムバンク」というサービスの
立ち上げにも従事していた方です。
 
 
僕はメタップスという会社は
知らなかったんですが、
タイムバンクは知ってました。
 
 
ビジネス書のランキングに
入っているだけあって
読みごたえがありました。
 
 
お金やこれからの働き方について
あらためて考えさせらた一冊です。
 
 
 

価値はお金に化ける

 
それでは、本題です。
 
手段の多様化により人々が注力するポイントが「お金」という手段から、その根源である「価値」に変わる

「お金2.0」より引用

 
 
価値を最大化しておけば、色々な方法で好きなタイミングで他の価値と交換できる

「お金2.0」より引用

 
仮に、お金を全く持っていなくても
お金に変えることができる
価値を持っていれば、
 
好きなときに持っている価値を
お金に変えることができます。
 
 
これってある意味
お金以上に価値があることですよね。
 
 
本書でも書かれていますが、
 
お金を持っていなくても
フォロワーが何十、何百万人といれば、
 
事業をやりたいと考えたときに
クラウドファンディングなどで
資金を集めることだってできます。
 
 
実際に、そうやって
必要なときに
自分の価値をお金に変えて
生活している人がいます。
 
 
以前、落合陽一さんの著書
「日本再興戦略」の記事でも
書きましたが、日本は超絶拝金主義です。
 
 
 
お金を持っているかどうかで
人を判断したりしますし、
 
お金のために
犯罪を犯す人さえいます。
 
 
これは日本に限らないかもしれませんが、
お金で物事を判断しすぎです。
 
 

しかし、これからは

お金を持っているということだけではなく、
 
お金に変えることができる価値を
いかに持っているか
がポイントになってきます。
 
 
You Tuberみたいにして
ネットを使うことによって、
自分の価値をお金に変換できるように
なりましたからね。
 
 
そのためには、
価値のある人間になる努力をして
自分の価値を高めることが重要です。
 
 
自分の価値を極限まで高めていけば、
お金に困ることがなくなる日が来る
かもしれないですね。
 
 
時代は目まぐるしく変化しています。
 
 
人の価値観も変わってきています。
 
 
今でこそFacebookやTwitterなどのSNSは
当たり前のように存在していますが、
昔はありませんでした。
 
 
生活する上で必要不可欠な
電気を作る会社よりも
Facebookという会社は
お金を稼いでいます。
 
 
電気が使えなくなると
Facebookは使えなくなるのに、
 
それでも、
Facebookのほうが儲けているんです。
 
なんか、変な話しですよね。
 
 
人がどんなものに価値を感じるのか
何にお金を使うのかが
変わってきているので、
 
常に新しい情報に触れて
アップデートしていく必要がありますね。
 
 

資産をつくろう

 
「収入」を毎日稼ぎながらも、日々の活動から「資産」を築き上げることが不可欠

「お金2.0」より引用

 
これからは自分の資産となるモノを
築いていくことが必須な世の中になる
と本書では言っています。
 
 
それは、僕も同感で、
You Tuberのように動画でもいいし
ブログでも絵を書くでも何でもいいので、
資産を積み重ねることは非常に大事です。
 
 
それらは、
自分の資産となり、
分身となり、
 
将来的にお金を運んできて
くれる可能性があります。
 
少なくても、その経験は
決してムダになることはありません。
 
 
資産を築く活動を繰り返していれば、
経験値がたまっていき
強力な武器になります。
 
そのために、
自分の自由な時間を使っていくべきです。
 
 
特にいいのは、
インターネットを活用することです。
 
 
You Tubeやブログなどは、
一度ネット上にアップロードすれば
24時間いつでも見ることができます。
 
 
たった一回投稿をするだけで
何人、何百人
場合によっては何百万人もの人に
見られる可能性さえあります。
 
 
しかも、自分の代わりに
深夜だろうが早朝だろうが
文句も言わずに働いてくれます。
 
 
ネットだと初期投資も
少なく始められますしね。
 
 
「でも、そんなの才能ある
 人しかなれないよー」
 
と言いたくなるかもしれませんが、
毎日コツコツと作業をすれば
動画も記事も増えていき資産も増えますし、
スキルも付いていきます。
 
 
今、有名なブロガーやYou Tuberも
最初はド素人だったはずです。
 
 
最初は下手くそでも、
毎日毎日、発信していくことで
評価されるようになり、
稼げるようになっています。
 
 
みんな、ブログやYou Tubeを
始めたほうがいい
というわけではないですが、
 
何かしらの積み重なる資産を
構築していくことはマストです。
 
 
これからは
仕事以外の時間の使い方次第で、
 
稼げる人
稼げない人の差が
どんどん開いていきそうですね。
 
 

給料よりも自分の価値を上げるほうを選べ

 
「お金」のためではなく「価値」を上げるために働く

「お金2.0」より引用

 
会社を選ぶなら
給料が多いか少ないかではなく、
 
その仕事をして
自分の将来的な価値が上がるかどうか
 
にフォーカスをして
会社を決めるべきです。
 
 
今は終身雇用の時代ではないですし、
いくら目先の給料が高くても
 
自分の価値が高まらない仕事は
将来的には決していい仕事とは言えないです。
 
 
自分の価値さえ高まれば
好きなときにお金に
変えることができますからね。
 
 
いかに自分の価値を高めることに
時間を使えるかで成長スピードは
変わってきます。
 
 
何も考えずに
ボーーっと過ごしてしまったり、
 
だらだらゲームなんかしている
場合じゃないですね汗
 
 
 
実際に未来がどうなるかは
誰にも分かりませんが、
時代は急速に変化しています。
 
 
その時代の流れを読み取って
来るべき次代に備えて
自分の価値を高めることで、
明るい未来が待っているはずです。
 
 
目先のお金に惑わされるのではなく、
 
さらに先の未来で自分の価値が
高まることを選択して
いきたいですね。
 
 
 
お金が好きな、やっさんでした。
 
 
 
それでは、今日はこの辺で。

コメント

  1. 桐山宗士 より:

    はじめまして。

    ツイッターでフォローを頂いた桐山と申します。(ツイッターのアカウントではMunehitoKiriとなっています)

    この本のタイトルは知っていたのですが、内容についてはよくわかっていなかったので、こちらで紹介していただいてとても参考になりました。

    私自身、読書をしていく中で「お金を稼ぐって、どういうことだろう」という漠然とした気持ちが日増しに高まり、お金のことをしっかり学ぼうと思って、とりあえず5冊、お金に関する本を読むことを決めたら、こちらのブログ記事が目に留まりました。

    お金と価値について書かれていて、私が知りたいと感じている事が書かれているように感じました。

    私もこの本を読んでみます。
    また読み終えたら私の感じたことをブログにアップするつもりです。

    良い紹介をブログで書いてもらって、ありがとうございます。