アソビくるう人生をきみに。お届けします!

読書
こんにちは、
座っていて、ふと下を見たら
金チャックが空いていた、やっさんです。
 
 
出だしから、こんなんで
すみません汗
 
 
お食事中の方、本当にすみません汗
 
 
今日は、あんちゃさんというブロガーの
「アソビくるう人生をきみに。」
という本です。
 
 
 
あんちゃさんは
クソマジメゲスブロガーで有名ですよね。
 
 
下ネタあり、マジメありのブロガーさんです。
 
 
僕も前にあんちゃさんのブログを
見たことがあったので、
本屋さんでこの本を見つけて
 
「おっ、本出したんだっ」
 
と思ってAmazonレビューを
見もせずに本を買ってしまいました。
 
 
やはり、本を買う理由として
著者を知っているっていうのは
大きな要因になりますね。
 
 
あとで、Amazonを見たら
レビューは荒れていましたが
そんなことは、どうでもいいことです。
 
 
本を読んで、どう思うかは
人それぞれですからね。
 
 
それでは、
僕が印象に残った場面を
見ていきます。
 
 

やりたいことは待ってても見つからない

 
「やりたいことがない人」は、やりたくなるまで動いていない

「アソビくるう人生をきみに。」より引用

 
まさに、僕のことだな
と思いました。
 
 
僕は長いこと、
 
・何かやりたい
・何かにハマりたい
 
と思っていました。
 
 
しかし、
具体的に何をしたらいいのか?
 
が分かりませんでした。
 
 
やりたいことは待っていれば
いつか、やりたいことの方から
やってくるもんだ
 
と勝手に思い込んでいました。
 
 
でも、気付きました。
 
 
やりたいことがない人は、
何も行動していない人だということに。
 
 
やりたいことがない人は、
やりたいことを見つけるための
具体的な行動をしていません。
 
 
運命的な出会いのように
やりたいことに最初から出会う
なんてことは、そうそうないです。
 
 
やりたいことになるステップは、
 
ちょっと興味ある
→やってみる
 
あ、おもしろいかも
→もっとやってみる
 
おもしれぇー
 
つーか
めっちゃ、おもろー♪
 
 
大抵の場合は、
こんな感じなんじゃないかな
と思います。
 
 
やりたいことがない人は、
一番最初のステップである
 
ちょっと興味がある
やってみる
 
というステップに進んでいないので
その後に続きません。
 
 
ちょっと興味がある
でもなぁ、、
お金かかるし
やったことないし
友達いないし
 
などと
やらない理由を見つけては
やらないことを正当化しようとします。
 
 
結果、
 
「やりたいことが見つからないー」
 
という無限ループから、
抜け出すことができなくなります。
 
 
本書にも書いてある通り
やりたいことというのは、
 
「やりたいから継続する」のではなく、
「継続してみた結果、やりたくなる」もの

「アソビくるう人生をきみに。」より引用

 
なんですね。
 
 
やり続けるかどうかは
まず、やってみてから決めても
遅くはありません。
 
 
興味のあることが
見つかったら、
まずはやってみること!
 
 
行動を続けていれば
いつしか、やりたいことも
見えてくるはずです。
 
 

変えるべきは具体的な何か

 
レールの上の人生から抜け出したいのなら、何でもいいから、家と会社以外の場所をつくるべき

「アソビくるう人生をきみに。」より引用

 
「人生を変えたい」
 
と思っていても、
具体的に何かを変えないと
何も変わることはありません。
 
昨日までと、おーんなじです。
 
 
行動の大半は習慣です。
 
無意識です。
 
 
なので、
意識的に何か
新しい行動をしないと、
 
いつもの無意識の習慣である
行動をとってしまいます。
 
 
いつもと同じ人と話し、
いつもと同じようなご飯を食べ、
いつもと同じ言葉を使う。
 
 
いつもどーりな生活を
いつもどーりにしても
現状は何も変わりません。
 
 
いつもと同じことは楽でいいですが、
刺激も成長もありません。
 
 
現状に何ひとつ不満がなく
満足しているのであれば、
それでもいいかもしれませんが、
変わりたいなら別です。
 
 
仕事して寝るだけの生活だった人が
勇気を出してセミナーに参加してみたら、
 
自分とは違うような
人種の人がたくさんいて、
 
刺激を受けて、
自分もやってみたくなって
ちょっとやってみたら
おもしろくって
ハマって
・・・
 
いつのまにか自分自身が
セミナーを開くようになって、、
 
なんてことはありえることです。
 
 
まずは、自分の中という
四角い狭い世界を広げることです。
 
いつもと違う道を歩いてみるだけでも
世界は広がります。
 
そこには、いつも見ている景色とは
違う景色があり、そこで新しい発見が
あるかもしれませんから。
 
 
実際に僕はこのブログを
書くようになって変わりました。
 
 
今まで僕の日常にはなかった
ブログを書く時間というのが
新たに生まれ、
 
こうやってあなたに
出会うこともできました。
 
 
もっと本を読みたいと思うようになったし、
もっとたくさんの人にブログを読んで
もらいたいと思うようにもなりました。
 
 
すべてはブログを書いていなかったら、
なかったことです。
 
はじめの一歩は勇気がいることですが、
やってみると、意外と
たいしたことないもんですよ。
 
 

時間は1秒だって戻らない

 
お金はなくしても稼げば取り戻せるけど、なくした時間は取り戻せません

「アソビくるう人生をきみに。」より引用

 
よく
お金=時間
と言う人がいますが、
 
お金よりも圧倒的に時間のほうが
貴重です。
 
 
例えば
毎日、夜遅くまで残業をして
月数万円の残業代を稼ぐよりも、
 
 
早く退社して、その時間で
毎日コツコツ副業の勉強をして
副業で
0→1万円→5万円→10万円→・・・
 
と稼ぐほうが
将来的には価値が高いです。
 
 
残業で稼ごうとすると
残業時間を増やさなければいけなくて、
キリがありません。
 
特別、新しいスキルが
身に付くことも少ないです。
 
 
僕なんかは、どうしても目先のお金に
目がくらんでしまいがちですが、
大事なのは将来的な価値です。
 
 
そして、
お金は貯めることができますが、
時間は貯めることができません。
 
 
お金は頑張れば
稼げるかもしれませんが、
時間は戻ってきません。
 
 
時間の使い方次第では
お金は稼ごうと思えば
いくらでも稼げます。
 
 
かけがえのない
時間という限られた財産を
どのように使うのか
 
それ次第で人生が決まります。
 
 
買い物をするときに
5円、10円安い食材を求めて
スーパーを2箇所、3箇所
はしごしてケチるよりも
 
 
近くのコンビニで買い物をすませて
時間を有効に使ったほうが
実は損しないかも。
 
ってことですかね。
 
 
 
 
今日はここまでです。
 
 
この本のAmazonのレビューでは
賛否両論あるようですが、
 
disられるということは
それだけ影響力があるということです。
 
 
 
そもそも、
ちゃんとした出版社から
本を出すって、すごいことですからね。
 
 
 
それでは、今日はこの辺で。
 
 

コメント

タイトルとURLをコピーしました