エッセンシャル思考を読んで学んだ3文字の言葉

読書
こんにちは、
空腹と満腹のあいだくらいにいる
やっさんです。
 
 
今日は去年、読んだ
「エッセンシャル思考」
という本についてです。
 
 
 
けっこう有名な本ですよね。
 
なんかのサイトで
誰かがオススメしていたので、
読んでみたいと思っていた本でした。
 
(うる覚えすぎて、すみません)
 
 
全米ベストセラーらしいので
どんなもんなんかなぁ
と思って読んだら、
 
ベストセラーも納得できる
内容だったので、今回シェアします。
 
 
短い時間で
めっちゃ成果出たらいいのになぁ~
 
なんて都合のいいことを
あなたは考えたことありませんか?
 
 
そんなことを
僕はよく考えていました。
 
 
努力はしたくないけど
成果が欲しい僕は、
 
「どぉらぁえもぉーーォンーー」
 
と叫びまくるのでしたorz
 
 

エッセンシャル思考の概要

 
それは、さておき
 
この本には最少の時間で
成果を最大にするために、
何をしたらいいかが書かれています。
 
 
この本に書いてあることは、
たったの3文字に集約されている
といっても過言ではありません。
 
「捨てる」
 
必要なこと以外は捨てる
 
迷わず捨てる
 
即、捨てる
 
 
それだけが書いてある本です。
 
そ、それだけ?
とあなたは思うかもしれませんが、
 
この考え方、
めっちゃ大事です。
 
めっちゃ大事なので、
僕はこの記事で
 
す て る
 
という言葉を何回も使っています。
 
 
ここで、一つクイズを出します!
 
ここから、先の文章で何回すてると出てきたか
もし、よかったら数えてみてください。
最後に出てきた回数を答え合わせします。
 
 
 
 
 
 

本当に大切なモノは、そんなにない

 
それでは、
僕が印象に残ったシーンを
振り返ってみましょう。
 
 ノイズ 大多数のものは無価値である
本当に重要なことだけにイエスを言うために、その他すべてにノーと言うのだ

「エッセンシャル思考」より引用

 
結局、極論を言えば
本当に大事なものなんて
そんなにはないんですよ。
 
 
一見、大事そうに見えても
 
「本当にそれ大事なの?」
 
「ほんとのホント?」
 
 
「本っ当ーーーーに一番大事?」
 
 
突き詰めて考えると、
そんな大事じゃなかったり
することって多いです。
 
 
例えば、
収入を上げるために
英語の勉強をする
Aさんがいたとします。
 
 
Aさんは仕事で
英語をまったく使わないです。
 
英語を使う予定がないのに、
英語を勉強しても
英語は伸びづらいです。
 
 
しかし、
Aさんは頑張って英語を勉強します。
 
 
ここで、
ひとつ疑問に思うことがあります。
 
 
収入を上げるためにAさんが
最優先でやるべきことって
本当に英語を勉強することなの?
 
 
ってことです。
 
 
英語ができると
仕事の幅が広がったり、
社内でも一目置かれたり、
 
いろいろ良いことは
あるかもしれません。
 
 
しかし、
収入を上げることが最優先であれば
ビジネスを学ぶとか他にやるべきことが
ありそうな気がします。
 
 
つまり、
Aさんにとっては英語の勉強が
最優先ではないということです。
 
それなのに、
最優先ではない英語に
時間を費してしまい、
 
最優先にやるべきである
収入を上げることをしていない。
 
 
Aさんにとって一番大事なのは
収入を上げることなので、
 
収入を上げることに
直結したことのみに
全ての時間をかけ、
 
それ以外のことは捨てることが
収入アップさせる最短距離です。
 
 
そのためには
自分が一番求めていることに
つながることだけをやり、
 
それ以外は捨てることが重要です。
 
 
あくまで、
これは例えであって
英語の勉強が無駄だと
言っているわけではないです。
 
 
目的次第でやるべき優先事項が
変わってくるということです。
 
冷静に考えれば当たり前ですが
なかなかできていないものです。
 
 

エッセンシャル思考と非エッセンシャル思考

 
エッセンシャル思考
・何を取り、何を捨てるか?
・何に全力を注ぐ?
 
非エッセンシャル思考
・両方できるさ
・どうすれば全部できる?

「エッセンシャル思考」より引用

 
何かを「掴む」ということは、
何かを「手放す」ということです。
 
 
昔のことわざに、
 
二兎を追うものは一兎をも得ず
 
という言葉がありますが
本当にそのとおりです。
 
 
制限時間が限られている
人生の中で全部をやろうとしても、
結果を出す前に時間切れになって
しまいます。
 
 
そもそも、
全部やる必要があるの?
 
 
本質を見極めて
それに最大限の力を注ぐ。
 
他は捨てる
ですね。
 

YES or NO?

 
 絶対にイエスだと言いきれないなら、それはすなわちノーである

「エッセンシャル思考」より引用

 
「それって必要なの?」
 
と自問してみて、
 
「ん~、後で使いそうな
 気もするけど、、
 いらないような気も・・・」
 
というものはノーです。
 
 
夏フェスのライブチケットの半券とか
 
パステルカラーの有名ブランドの紙袋とか
 
ケーキに入っている保冷剤とか
 
・・・
 
迷っている時点でNOです。
 
 
もし、必要になったら
その時また考えればいいのです。
 
少なくとも今、
絶対に必要なものではない
ということです。
 
 
僕もこの決断を
即決できるように
精進していきたいですね。
 
 

結果だけにコミットする

 
 成果を生まない努力をやめる
「エッセンシャル思考」より引用
 
成果を生まないことを
必死で頑張っていることってあります。
 
 
口では、
 
「金持ちになりたい」
 
と言っているけれど、
実際はモンストばかりやっていたり・・。
 
えらそーに言ってますが、
すみません、僕です汗
 
 
でも、そういうことです。
 
いくら、モンストでランク(レベル)を
上げても金持ちになんてなれません。
 
 
極めまくればなれるかもしれませんが、
僕の場合はそんなかんじではなかったです。
 
 
努力の方向性を間違えるな
ということですね。
 
 
サッカー選手になりたいのに
サッカーの練習しないで
勉強ばかりしていては、
一生サッカーはうまくなれません。
 
努力しているのに
成果が出ないことほど
辛いことはないので、
 
なかなか成果が出ないで
悩んでいる人は、
 
一度、立ち止まって
努力の方向性が合っているか
確認してみるのもアリだと思います。
 
 
冒頭でも話しましたが、
 
結局、
この本で言っていることは
 
「捨てる」
 
に尽きます。
 
 
どうしても
あれも大事そうだし
これもやっとかなきゃ。
 
と足し算ばかりに
目がいきがちですが、
 
本当に大事なのは
無駄なことを削ぎ落としていく
引き算です。
 
 
本当に大切なものなんて
そんなに多くはないです。
 
 
 
 
やっぱ、
売れてる本は間違いないです。
 
 
どうしても活字が苦手、、
という人には嬉しいマンガ版も出ています。
 
 
 
最後に、
冒頭でお話したクイズの答えです。
 
 
ちゃんと見逃さずに数えましたか?
 
答えは
6回です!
 
えっ、間違ってる!?
 
という、あなたはもう一度
最初に戻ってじっくりと
数えてみてくださいー!
 
 
 
それでは、今日はこのへんで。
 
 

コメント

タイトルとURLをコピーしました