中途半端を卒業し、頭を抱えた分だけ成長できる

読書
こんにちは、
生卵をゆで卵と勘違いして
割ってしまったやっさんです。
 
 
この前、作り置きしていた
ゆで卵を食べようと思って割ったら、
 
、、
 
生卵でした(焦)
 
 
勢いよく割ったもんだから
もう、、大変な目にあいました。
 
そうです、
あなたの想像通りの
残念なかんじです。
 
 
ゆで卵か生卵かを確認するには、
卵を割る前に横向きにして
平らなテーブルの上などで
回してみると分かります。
 
 
ゆで卵は中が固まっているため
クルクル回ります。
 
生卵は中身が固まっていないので、
重心がブレてうまく回らないです。
 
 
知ってました?
 
 
やってみると全然違うので
面白いです。
 
 
僕はそれを知っていたのに
先入観でゆで卵だと思い込んでいて、
とんでもないことになりました。
 
 
知っているだけでは
ダメということですね。
 
 
前置きが
長くなりましたが、、
 
今日は、
「メンタリストDaiGoの幸せをつかむ言葉」
という本の〈思考篇〉の続きです。
 
 
 
ちょっとずつ、
〈思考篇〉の終わりが見えてきたような
きてないような・・
 
 
そんなことは気にせず、
今日も気になった言葉を
お届けしていきます。
 
 

中途半端なら、やらないほうがまし

 
中途半端にやるくらいなら、いっそのことやらない勇気を持とう

「メンタリストDaiGoの幸せをつかむ言葉」より引用

 
物事には
やるべきことと
 
やっても
やらなくても
いいことがあります。
 
 
成功していない多くの人は
本来やるべきことをやらずに、
 
やってもやらなくてもいいことに
時間を使っています。
 
 
「いつもやろうと思ってるのに
 なぜかやらさらないんだよなー」
 
ってことありますよね?
 
 
もしかしたら、
それは、やるべきことのように見えて
やらなくてもいいことの可能性が
あります。
 
 
それを中途半端に
やろうとするよりも、
 
思い切って
やらないという決断をした方が
良い場合もあります。
 
 
その決断をすることで
選択肢が減り、
 
やるべきことだけを
考えることができるので、
一つのことに集中することができます。
 
 
中途半端は
時間は浪費してしまうし
成果は出ないしと
いいことがありません。
 
中途半端にするくらいなら
やらない決断をすることも必要ですね。
 
 
 

みんな違って、みんないい

 
変わり者であることを誇りに思うことだ

「メンタリストDaiGoの幸せをつかむ言葉」より引用

 
 
自分を殺して普通の人になろうなんて考えないこと

「メンタリストDaiGoの幸せをつかむ言葉」より引用

 
思えば僕は、大人になるまでずっと
周りと違う=良くないこと
と思って生きていきました。
 
 
学校でも
目立ちたい気持ちはあるけど、
 
面倒なことを避けて
無難なポジションをキープしていました。
 
 
人と違うことを恐れ
人と同じことに安心する。 
 
僕の将来なりたい職業は
普通の会社員と言ってしまっていた
個性のかけらもない子供でした。
 
 
しかし、
 
みんなと同じ=正しい
という考え方は
僕にとっては窮屈だったので、
次第に自分の殻を破るようになりました。
 
 
人と違うことが
僕の個性だと思うようになり、
周りがやらないようなことに挑戦しました。
 
 
沖縄に移住してみたり
海外に留学してみたり
お遍路で四国を歩いて一周してみたり
 
やりたいことに挑戦しているときは、
僕にとってめちゃくちゃ充実している
時間でした。
 
 
 
海外留学から帰国して
友人と話していると、
 
「オレも海外に住んでみたい」
 
とか
 
「うらやましいなあ」
 
とか
言われることがありました。
 
 
正直、僕にとっては
??でした。
 
「やればいいじゃん?」
 
と疑問に思ったんです。
 
 
どうしてもできない事情が
あるなら仕方がないですが、
 
本当にやりたいと思ったことであれば、
何かしらのアクションを起こすはずです。
 
 
何もしないでただ過ごしてしまうと
あっとゆーまに時間は過ぎてしまい、
年を取って過去を振り返ってみた時に
 
「あれもこれもやっておけばよかった」
 
「あと5年若かったらな」
 
なんてことになりかねません。
 
 
そんな後悔だけはしたくないものです。
 
 
 
話が脱線してしまいましたが、
人と違うということは、
価値があるということです。
 
あなたがしてきた経験は
誰のものでもない
あなただけの経験です。
 
 
それが他人と違っても
何も問題はありません。
 
 
そもそも
人間が違うので、
同じはずがありません。
 
 
それなのに
同じくしようとするから、
問題が起こってしまうんです。
 
 
後悔しないために
周りに合わせるのではなく
自分を貫いていきたいですね。
 
 
 

頭を抱える意味

 
頭を抱えた分だけあなたは成長する

「メンタリストDaiGoの幸せをつかむ言葉」より引用

 
この言葉を見て僕は
 
「最近頭を抱えた事ってあったかな」
 
って、ふと思いました。
 
 
すぐに出てこないくらい
長い間、僕は頭を抱えたことが
なかったです。
 
 
つまりそれは、
たいして成長していない
という見方もできます。
 
 
あなたは最近、
頭を抱えるくらいのことがありましたか?
 
 
むやみやたらに
頭を抱えればいいというわけでは
ないですが、
 
頭を抱えるほどのピンチを
乗り越えたぶんだけ
人は成長できます。
 
 
平坦な道を
ただただ歩いていても
大した成長はできません。
 
 
僕が最近頭を抱えるほどのことが
なかったということは、もしかしたら
行動力が足りていないのかもしれません。
 
 
何か行動を起こすと
様々なことが起きます。
 
良いことも、嫌なことも。
 
 
そして、
もっと行動すると
頭を抱えるほどの
ピンチにも出会うことができて、
 
そのピンチを乗り越えることで
体が震えるほどの喜びを感じることが
できるはずです。
 
 
頭を抱えるほどのピンチが
目の前に現れたら、
 
そのピンチは攻略することで
成長するチャンスである
 
と考えて
進んでいきたいですね。
 
 
 
 
今日はここまでです。
 
 
冒頭の卵の話ではないですが、
自分自身の殻をぶち壊して
全てを開放していきたいですね。
 
 
 
 
それでは、今日はこの辺で。
 
 
 

コメント

タイトルとURLをコピーしました