主張をしたいなら、何かを成し遂げてからにしろ

読書
こんにちは、
朝専用缶コーヒーを
昼に飲んでしまう
やっさんです。
 
正直なところ、
朝専用の缶コーヒーと
それ以外の缶コーヒーの
違いがよく分かっていません。
 
 
それはいいとして、今回は、
「メンタリストDaiGoの幸せをつかむ言葉」
〈行動篇〉の続きを書いていきます。
 
 
 
今回で3回目の記事になります。
もはや、シリーズ化しそうな勢いです。
 
 
まだまだ先は長くなりそうですが、
地道に書いていきます。
 
 

捨て去る勇気を持とう

 
本当に大切なことに集中したいなら、ちょっといいなと思うけれどそこまで大切でないものを容赦なく捨て去る勇気が必要だ
「メンタリストDaiGoの幸せをつかむ言葉」より引用
 
必要なもの以外は
すべて捨てる。
 
これは、かなり前に読んだ
「エッセンシャル思考」
という本でも言われていたことです。
 
 
 
 
一つのことに集中したいのであれば、
大事なのは
 
増やすこと
ではなく
減らすことです。
 
 
一番いいのは
そのこと以外は考えないことです。
 
 
しかし、
なかなか一つのことに
集中するのは難しいです。
 
 
昔の僕は集中力が
びっくりするくらいありませんでした。
 
 
読書に集中したいのに、
 
「ピコン♪」
 
とLINEの通知が鳴って
つい、スマホを見てしまう。
 
Facebookの通知が
来ていることが
気になって
 
「ちょっとだけ」
 
とFacebookを開いてしまい、
友達の投稿に見入ってしまう。
 
そして、
 
「そういやあ、
 Twitterの通知も来てたな」
 
・・・
 
 
やりたいことが全然進まない。。
 
なんてことが
よくありました。
 
 
最近は、
やるべきこと以外は
できない環境を作るようにしています。
 
例えば、
本を読むのであれば
本だけを持って
カフェに行ったりします。
 
スマホは持たずに。
 
そうすると、
本を読む以外できないので、
集中して本を読むことができます。
 
最初はスマホを持っていないと
なんか落ち着かなかったですが、
次第に慣れました。
 
むしろ、僕が
普段スマホでやっていることは
たいして重要じゃないことばっか
だったことに気付きました。
 
 
自分の目標を早く確実に
達成したいのであれば、
 
その目標に向けた努力に
最大限の時間を注ぐことです。
 
ゲームでいうなら
敵の弱点だけを
ひたすら攻撃しまくるかんじです。
 
大事なこと以外は
捨てる。
 
迷わず、捨てる。
 
容赦なく、捨てる!
 
 

目標だけを直視せよ

 

不安や恐怖に襲われるのは、目標から目をそらしているからだ
「メンタリストDaiGoの幸せをつかむ言葉」より引用

 
目標と見つめ合っていれば
不安になることはありません。
 
見つめ合っているということは
他のことは視界に入りません。
 
大好きな恋人と
見つめ合っているときは、
恋人以外は見れませんよね。
 
浮気も不倫も
ましてや、ダブル不倫もできません。
 
 
しかし、
目標から目をそらしてしまうと
不安になってしまいます。
 
他のことに意識がいってしまい、
 
「ホントにこれでいいのかな」
 
とか考えてしまいます。
 
 
逆にいえば、
不安や恐怖を感じている
ということは、
 
目標から
目をそらしているということです。
 
不安で不安でしょうがない
ということは、
目標をガン無視している
ような状況です。
 
目標を見失っているんですね。
 
そうならないために
目標を決めたら、
まっっすぐに突き進む!
 
それ以外は見ないで
ただただ進む!
 
これを心がけたいです。
 
 

明日やろうはバカ野郎

 
不快さをすぐに消したいなら、一刻も早くそれにとりかかることだ

「メンタリストDaiGoの幸せをつかむ言葉」より引用

 
面倒くさいことを後回しにしてしまうと、
それが終わるまで頭から離れません。
 
頭のどこかで
そのことについて考えてしまい、
やるべきことに集中できないです。
 
「明日やろうはバカ野郎」
とよく言いますが、
 
ホント、
その言葉通りだと思います。
 
 
すぐにやってしまうと
それで終わりですが、
 
明日やろうとすると
明日までそのことを
考えていなければいけないです。
 
脳の考える力のMAXを100としたら
後回しにすることで、
そのことに5とか10とか
エネルギーを消耗してしまいます。
 
後回しにすることが、
増えれば増えた分
ムダなエネルギーを消費してしまいます。
 
 
本来、集中すれば
100のパフォーマンスがあるのに
 
そのせいで、
無駄に容量を使ってしまいます。
 
 
それに、
明日やろうと思っている人は
明日になってもやらないことも多いです。
 
そういう人は
あさってになっても
1ヶ月経っても
やらないかもしれません。
 
やり終えないと、そのことは
1ヶ月間でも半年でも
あなたの脳内に潜伏し続けます。
 
そうやって、
後でやることばかりが増えていき、
やるべきことにエネルギーを
使えなくなります。
 
本来やるべきことに
100%集中するために、
 
面倒くさいは行動の合図だ
と言い聞かせ、
さっさとやってしまうほうが
ずっと楽です。
 
特に5分とかで終わることなら
パパッっと5分で済ませてしまえば、
それで終わりです。
 
脳内の容量を
邪魔されることもありません。
 
 
すぐやる習慣がつくまで、
意識していきたいことですね。
 
 

言いたいことがあるなら、やってから言え

 
「言いたいことがあるなら、何か成し遂げてから言え、何も成し遂げていない批判するだけの人間は存在していないのと同じだ」

「メンタリストDaiGoの幸せをつかむ言葉」より引用

 
僕はこの言葉を聞いて
 
「ギクッッ」
 
となりました。
 
 
思い当たる節が
あったからです。
 
 
それも、たくさん。
 
人のこととか
とやかく言う前に
まずは自分が結果出せよ!
 
まさに、
僕のことすぎて
僕のためにある言葉なのかと
思ってしまうくらいです。
 
 
僕は自分が
結果を出していないくせに、
 
あーでもない
こーでもない
と文句ばかり言っていました。
 
人のせい
環境のせい
時代のせい
 
だから、
しょうがない。
 
俺のせいじゃない。。
と。
 
できてない人ほど、
言ってしまうのかもしれないですね。
 
思い返すと、
本当に恥ずかしい限りです。
 
 
 
何も成し遂げていない人が
発する言葉には力はありません。
 
ちょー軽いです。
説得力がないですから。
 
そんなこと
ゆってるヒマがあるなら、
行動しろっ
結果出せっ
 
話はそれからだ。
 
 
でも、一番カッコイイのは
淡々と結果を出して
何も言わないことですかね。
 
 
 
 
今日はここまでです。
 
 
あなたが気になる言葉は
ありましたか?
 
 
僕にとっては耳が痛くなるような
言葉ばかりです。
 
 
できていない自分を受け入れて
これからの行動に活かしていくことが
大事ですね。
 
 
 
それでは、また。
 
 

コメント

タイトルとURLをコピーしました