入社一年目の教科書を読んで学んだことpt2

読書
こんにちは、
食べ放題にあまり
いい思い出がない、やっさんです。
 
 
食べ放題って、ほとんどの人が
お店側の思うつぼになっている
気がするんですよね。
 
 
僕は食べ放題を食べる前は
テンションが高いんですが、
 
すぐにお腹いっぱいになってしまい、
帰る頃にはテンションが
下がってしまいます。
 
 
行くなよって感じですよね。
 
 
今回は、前回のブログで
途中にしていた「入社一年目の教科書」
という本から学んだことの続きです。
 
 
 
僕はこの本を読んで
ブログを2記事も書くほどの
学びがありました。
 
(2記事といっても、前回は途中までしか
 読んでいなかったので、途中までしか
 書けなかったわけですが・・)
 
 
それにしても、コスパいいですよね。
 
 
それでは、前回の続きです。
 
 

ゴールはアウトプットにつなげる

 
社会人の勉強は、アウトプットがゴール
「入社一年目の教科書」より引用
 
 
ビジネスパーソンの勉強は、必ずアウトプットに結びつけるべきだ

「入社一年目の教科書」より引用

 
これは、
めちゃくちゃ重要なことです。
 
 
そして、今まさに
僕が実践していることでもあります。
 
 
何かを学ぶときは、
一度自分の中に知識をインプットし
その後にアウトプットすることで、
情報が整理されて理解度が高まります。
 
 
僕は今まで一回読んだ本で、
 
「めっちゃ面白かった」
 
「やばっ」
 
「超参考になった」
 
と思っても
実際何がどうすごかったのかを聞かれると、
 
「・・・」
 
「いやぁ、とにかくヤバかったんだって」
 
と説明できないくらい
頭に内容が入っていないことが、
よくありました。
 
 
僕の読書をする目的は知識をつけ
思考を変えて行動を変えるためなので、
 
せっかく時間をかけて
読んでも頭に入っていなかったら、
読んだ意味がありません。
 
 
思考も行動も変わらないのであれば、
時間の無駄になってしまいます。
 
 
そうならないように、
アウトプットが大事だと学んでからは、
 
新しい学びを得たら
アウトプットも兼ねて
ブログを書くことにしました。
 
いま、まさにあなたが読んでいる
このブログがそうです。
 
 
こうやって、ブログを書くことで
あなたと情報をシェアすることもできます。
 
 
そして、
このブログを通してあなたが
何かを学んだり、学ぶきっかけに
なってくれれば嬉しいです。
 
 
 
アウトプットするということは
再度情報を整理するということなので、
 
以前よりも知識の理解度が
深まってきます。
 
 
そのため
物事を学ぶ上でアウトプットに
結びつけるというのは非常に重要です。
 
「ブログ書くのは
 ちょっとハードル高いなぁ」
 
と思っているあなたでも大丈夫です。
 
 
アウトプットは
ブログを書く以外にも
 
・ノートにまとめる
・友達に話してみる
 
など、どんな方法でもいいので
インプットした知識を吐き出すことが
アウトプットになります。
 
 
友達に話すだけでも全然違います。
 
話すときって、自分で分かってないと
話せないですから。
 
 
まずは、自分のできそうな方法で
やってみるといいかもしれませんね。
 
 

意味がないことなんてない

 
すべてのことに意味がある
 
「この出来事は自分に何を教えてくれようとしているのか」

「入社一年目の教科書」より引用

 
何事も前向きに考えれる人って
いいですよね。
 
 
僕はギガネガティブな人間なので、
超ポジティブな人を見ると
眩しいくらいです。
 
 
よく長所は短所であると言いますが、
 
僕は捉え方次第で、
どうにでも変わると思います。
 
 
たとえ
辛い辛い失恋をして、
 
「もう生きるのがつらい。。。」
 
と思っていても、
それは新たな出会いの
チャンスかもしれません。
 
 
別れではなくて、
出会いだと考えるんですね。
 
 
仮に、不幸な出来事があっても
 
そこから何を学ぶか
それをどうプラスに変換できるか
だと思います。
 
 
短所が長所なら
僕は長所しかありません!
 
くらいのメガポジティブで
いきたいものです。
 
 

嫌なことから逃げるとチャンスも逃げる

 
人が嫌がるようなことを積極的に引き受け、そのチャンスを死んでもやりきる人にだけに、チャンスは再び訪れます

「入社一年目の教科書」より引用

 
以前、読んだ「空想教室」という本にも
同じようなことが書いてありました。
 
”いやなことはチャンスです”
 
 
 
やはり、成功している人には
共通点があって
それを継続することで、
 
成功者になるんだなぁと
実感しました。
 
 
そして
僕は嫌なことを避けまくってきたから、
成功者とは、ほど遠いところを
さまよっているんだろうな・・
 
 
と、しみじみ思いました。
 
 
正直、この本を買う前に
アマゾンのレビューを見たら、
 
賛否両論あったので
買おうか迷いましたが、
僕はタメになることが多かったです。
 
 
 
受け取り方は人それぞれですからね。
 
 
少なくても今の僕よりも確実に
成功している人の考えなので、
 
盗んで
 
アウトプットして
 
また、ブログを書いていこうと思いました。
 
 
あ、盗んでって言うのは
物をではなく、知識を盗むってことです。
 
泥棒ではなくて。。
 
 
それでは、今日はこの辺で。

コメント

タイトルとURLをコピーしました