星の商人 自分の成功ってなんだっけ?

読書

こんにちは!

 

ブログを書くのが久しぶりすぎて

冒頭の挨拶のテンションにとまどいを

隠せない、やっさんです。

 

僕のブログ久々感はさておき、

今日は、「星の商人」という本について

書いていきます。

 

 

この本の著者は、犬飼ターボさんです。

 

僕は犬飼さんの本について記事にするのは

これが2冊目になります。

CHANCE 成功者がくれた運命の鍵を手にし成功の扉を開く

 

 

この本は157ページの短い物語で、

「大商人とは?」

「自分にとって成功とは?」

といったことを考えさせられる一冊です。

 

なんと言っても読みやすい!

そして、タメになる!

それに尽きます。

 

何がどうタメになったのか??

を、記事で書いていきますね!

 

やらない後悔よりも、やる後悔

 

P15

商人になるなど簡単なことじゃ。まず自分を商人だと思い、人にそう言えばいい。そして市場に行って何かを売るのだ

「星の商人より引用」

 

商人になるには、自分を商人だと思い、

何かを売ればいい。

まさに、そのとおりだなって思いました。

 

僕はこう見えても一応ブロガーなので

ブログで例えて言うと、

 

ブロガーになるのは簡単なことだ!

まず、自分をブロガーだと思えばいい。

人に「俺はブロガーだ!」と言えばいい。

 

そして、ネット上にブログを書いて

投稿すればいい。

 

みたいな感じでしょうかw

 

結局、ブロガーというのは

なろうと思えば、すぐになれます。

 

僕はビビリだったので、

「ブロガーになりたい」と思いながらも、

実際にブログを書いていなかったので、

ブロガーデビューが遅くなりました。

 

しかし、やろうと思えば、思い立った

その日からでもブロガーになることは

可能です。

 

ブロガーはライセンスがあるわけでは

ないので、自分がブログを書いていて

自分でブロガーだと思っていれば、

たぶんブロガーです。

 

「おまえはブロガーなんかじゃない!!」

とかって言う人は、たぶんいないと思うし、

いたとしても自分はブロガーだと思って

いれば、僕はそれでいいと思います。

 

なんか、

ブログの話になっちゃいましたけど、

何でも同じだと思います。

 

絵を描いていれば絵描きだし、

You Tubeに投稿していたらYou Tuberです。

 

現代はインターネットのおかげもあり

個人で情報を発信するハードルが

低くなりました。

 

やらない後悔よりも、

やる後悔を選択したいですよね!

 

 

あなたの成功は私の成功でもある

P21

他の成功は己の成功

「星の商人より引用」

これは他の人の成功を助けることで、

巡り巡って、それは自分の成功にもなる

ということですね。

 

僕はこの言葉に

すごく考えさせられました。

 

僕は元々、超がつくほどケチで

人にモノをあげるタイプというよりは、

もらうことばかりを考えて生きてきました。

 

しかも、できれば安く。

なんなら、タダで。

 

何か有益な情報をゲットしたら、

誰にも教えたくない。

 

他の人の成功は妬み、

自分の成功だけを願ってやまない。。

そんな、自己チューな性格でした。

 

周りがうまくいっているのを見ると、

「俺だって本気を出せばあのくらい…」

「まだ、本気を出していないだけ」

 

と言い訳ばかりしてしまう、典型的な

成功できないマインドの持ち主です(笑)

 

ただ、この”他の成功は己の成功”

という言葉は今までの僕の考えと

まるっきり正反対の考え方です。

 

180度違いますね。

 

いや、360度違います。

(戻ってるやんけww)

 

僕は他人の成功を応援している人を見ると

正直、どこか偽善者だなって思ってました。

 

でも、それは違っていて、他人の成功を

応援している人たちは、他人の成功が

自分の成功になるということが分かって

いるじゃないかなって今は思います。

 

もしかしたら、そういう人は

僕よりも先にこの「星の商人」の本に

出会っていたのかもしれないですねw

 

教えることは教わること

P59

ほかの人の成功を応援するとき、学習が加速するという法則を身をもって学んだ

「星の商人より引用」

他の人の成功に貢献すると、

貢献した側の人も成長することができます。

 

例えば、自分が経験していることを

まだ未経験の人に教えるのだってそうです。

 

人に何かを教えるということは、

自分の中で再度復習することにもなります。

 

また、教えるという責任感も

わいてくるのでモチベーションも上がります。

 

それを分かっている人は、

積極的に人に貢献する機会を作って

他人の成功の手助けをします。

 

成功を助けてもらってばかりいては、

本当の意味での成功はできないのかも

しれないなと思ってしまいました。

 

僕自身、たいしたスキルはないですが、

僕がしてきたことで人の役にたてることが

あるなら、関わっていきたいと思います。

 

 

 

この「星の商人」という本は、

ちょうどいい長さで読みやすい本でした。

 

「他人の成功が自分の成功である」と

胸を張って言えたら最高ですよね!

 

そういう人間関係を作って

いきたいと思いました!

 

それでは、今日はこの辺で。

コメント