時給思考で1時間に10倍の成果を生み出す

読書
こんにちは、
いつもこの冒頭のあいさつに
困っている、やっさんです。
 
 
ブログを、いざ書こうと思ったときに、
いつも冒頭で何を書こうかと
手が止まってしまうんですよね。
 
 
何かいい方法はないですかね汗
 
 

時給思考という本

 
今日は、「時給思考」という
本について書いていきます。
 
 
 
なんとなく、そそられた
「時給思考」というタイトル。
 
 
Amazonのレビューも悪くなかったので、
とりあえず、手に取ってみました。
 
 
この本は簡単に言うと、
時給を上げるための考え方や
生き方について書いている本です。
 
時間管理やビジネスなどですね。
 
 
「あぁ、給料上がんねぇかなー」
 
という人は読んでみると
いいかもしれません。
 
それでは、
僕が気になったところを見ていきます。
 
 

無駄なことをやめ、やるべきことをやる

 
 
「1日24時間」を可視化する
 
無駄な時間を減らし、達成のための時間を増やす
 
それが成功を手にするためには必要不可欠です

「時給思考」より引用

 
成功をするために不可欠な要素は、
無駄な時間を減らして
達成のための時間を増やすことです。
 
 
「そりゃ、そうだよー」
 
「当たり前のことじゃんー」
 
 
と思ってしまいそうですが、
成功できていない人は
このことができていないです。
 
 
簡単なことのようで、
実はなかなか難しいことです。
 
 
成功できない人は
無駄な時間を増やし、
達成のための時間を減らしています。
 
 
テレビも見なきゃいけないし、
飲み会にもいかなくちゃ。
ああぁ、時間ねぇーー。
 
という具合です。
 
 
時間は目には見えないので、
後になってから時間が減っていることに
気付きます。
 
 
僕は無駄な時間を増やしてばかりいたので、
自分の時間を見える化しました。
 
 
自分が今日一日、何をしたのかを
分単位で事細かにメモしたんです。
 
 
そのメモを見て、
無駄な時間と目標達成のための時間に
どれくらい時間を投資しているのかを
確認しました。
 
 
案の定、無駄な時間に
かなりの時間を使っていました。
 
というか、
ほとんど無駄な時間ばかりでした。
 
 
無意識って怖いですよね。
 
 
自分の時間を見える化したことで
無駄な時間を過ごしていることに
気付いたので、
 
それからは
何かをするときに、
 
 
今のこの時間は
 
無駄な浪費
 or
目標達成のための投資
 
どっちなのかを
意識するようにしました。
 
 
そのおかげで、以前よりは
時間の無駄遣いがなくなりました。
 
 
それでも、完璧ではないので、
 
今は無駄な時間を過ごしている、、
 
と自分で自覚しながらも
時間を浪費することも
あるんですけどね。
 
 

ハードルを低くすると成長できない

 
人は目標以上のことができません
 
だからこそ、目標は高く設定しなければなりません

「時給思考」より引用

 
目標をどこに設定するかは大事なことです。
 
 
人は高くても低くても
決めた目標に合わせて行動してしまうので、
目標を高く設定する必要があります。
 
 
例えば、
 
走り高跳びで50cmのところに棒があったら
50cmを目指してジャンプしてしまいます。
 
 
棒は50cmのところにあるのに、
 
150cm飛んでやろう!
 
と思い切りジャンプする人はいないはずです。
 
 
目標を低くしてしまうと、
どうしてもその目標に合わせてしまいます。
 
 
なので、
成長するためには目標を
自分が今できるレベルよりも
高く設定しないといけません。
 
 
どうしても楽なことをしたくなりますが、
目標以上を求めるのであれば
避けては通れないですね。
 
 

まず自分が実績を出して、そのやり方を売る

 
あなたが5万円の収入を得るようになったとします
 
そうしたら、5万円の収入を得るノウハウを教えればいいのです

「時給思考」より引用

 
なんでもそうですが、
教わる側よりも
教える側のほうが成長できます。
 
 
収入を上げていくには
セミナーを受ける側ではなく、
 
セミナーを開く側になるべきだと
本書では言っていますが、
僕も同感です。
 
 
まずは、
自分で実績を作ることですね。
 
 
自分の力で5万円でも
稼げるようになること。
 
 
そうしたら、
5万円を稼ぐために
必要なスキルが習得できるので、
 
その5万円の稼ぎ方を人に教えることで
自分の教えるスキルも上がり、
結果的に収入も上がります。
 
 
稼ぎ方を教える動画を作成して、
仮に1万円で販売すれば
自動的にお金が入ってくる
仕組みを作ることができます。
 
 
僕も副業で稼げるようになって、
稼ぎ方を教えれるくらいの
スキルを身に付け、仕組みを
作っていくのが当面の目標です。
 
 

結果が出ない人がやっている2つのこと

 
結果が出ない2つの理由
 
①そもそもやるべきことをやっていない
②やっていてもやり方が間違っている
 
「時給思考」より引用
 
やるべきことをやっていないのに
結果なんて出るわけがありません。
 
 
ブログを作りたいのに記事を
書かなければ結果は出ません。
 
 
ブログ記事を書いてもアップしなければ
アクセスが集まるわけがありません。
 
 
これは、ブログを作りたいと
思いはじめたころの僕のことです。
 
 
今でこそ、僕は
こうしてブログを書くようになりましたが、
はじめる前はビビってました笑。
 
 
これが、
結果が出ない1つ目の理由です。
 
 
そして、
2つ目の理由は
やり方が間違っていることです。
 
やっているのに結果が出ない。
 
これは辛いことです。
 
 
努力の方向性を間違えると
求める成果は出ません。
 
 
やっているけれど、
目標に向かっていないからです。
 
 
僕もこれ、間違ったことがあります。
 
僕は読書をはじめたばかりのとき、
本をたくさん読むことばかりを
考えてしまい、
 
本を楽しんだり、自分の行動に
落とし込むことなんて
全く考えていませんでした。
 
 
僕にとっての読書は
読書することで知識を増やし
学んだことを自分の血肉として
行動していくことが目的です。
 
 
なので、
単純に本をたくさん読んでも
内容も覚えてない、、
なんてことでは意味がないわけです。
 
(あくまで僕にとっての読書の場合です)
 
 
今はこうしてブログに読んだ本を
アウトプットしたりして
前よりはマシになってる?!
ことを願いたいです。
 
 
努力を目標達成につなげるために
目標に直結した努力のみを
最大限することですね。
 
 
 
 
以上になります。
 
 
この本を読んで、
時間管理やビジネスで大事なことを
再確認できました。
 
 
自分の時給を意識したり時間の考え方など
僕もできそうなことから実践していきます。
 
 
あなたにとって
この記事が何かしら
参考になれば嬉しいです。
 
 
それでは、今日はこの辺で。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

コメント

タイトルとURLをコピーしました