秘密結社ladybirdと僕の6日間を読んで学んだこと

読書
こんにちは、
夢と現実のあいだを
さまよっている、やっさんです。
 
 
ウトウトしているときって
なんであんなに気持ちがいいんですかね。
 
 
僕はご飯を食べた後なんかは、
しょっちゅう睡魔に襲われます。
 
 
寝てる場合かっ!
 
 
今日は、喜多川泰さんの
「秘密結社ladybirdと僕の6日間」という
本について書いていきます。
 
 

秘密結社ladybirdと僕の6日間のあらすじ

この本は、勉強も部活も
中途半端な18歳の主人公が、
 
本気になって生きている大人たちと
出会い成長していく物語です。
 
 
何かに打ち込みたいけど、
どうしたらいいのか分からない、、
 
そんな人にオススメの一冊です。
 
 
本気になって生きている大人
っていいですよね!
 
 
僕も中途半端を卒業して、
本気になって生きていきたいです。
 
 
それでは、本題です。
 
 
本気になれば、大抵の奇跡は起こるし、
 
本気にならなければどんな小さな奇跡も起こらない

「秘密結社ladybirdと僕の6日間」より引用

P 176
僕は今まで奇跡を
起こしたことがありません。
 
 
その理由が、この本を読んで
はっきり分かりました。
 
それは、本気になって何かに
取り組んだことがなかったからです。
 
 
思えば僕の人生は、
勉強も仕事も人生も中途半端でした。
 
 
勉強はしないわけではないけど、
めっちゃ頑張るけではない。
 
仕事も無難にこなし、
怒られない程度くらいにはやる。
 
人生も死なないように
気をつけてこっそり生きてきた。
 
そんな、
絵に描いたような中途半端でした。
 
 
何事も中途半端だったせいで
たいしたスキルも身につかないまま、
30代も半ばが過ぎ去ろうとしています。
 
 
人生の中で必ず奇跡を起こさないと
いけないわけではないですが、
本気で生きたいとは思います。
 
 
自分が夢中になれることに
没頭して本気になり、それが人の役に立ち
お金を稼げるようなことならば最高です。
 
 
それを理想ではなくて
現実のものにするために、
今できることをやっていくだけですね。
 
 

逃げて開花する才能なんてない

 
無意識に逃げるのが癖になっている
 
そして逃げずに戦ってる奴をバカにして生きることで
辛うじてバランスをとっている

「秘密結社ladybirdと僕の6日間」より引用

 
足りてないのは、逃げないって覚悟だ逃げないって決めて自分を磨いてみろ
 
何もしないで開花する才能なんてねえんだよ

「秘密結社ladybirdと僕の6日間」より引用

P 210
この言葉は、
僕に突き刺さった一文です。
 
僕も思い当たる節があったからです。
 
 
逃げるのが癖になっている
確かにそうです。
 
 
僕は逃げグセが
ついてしまっていました。
 
 
一度、何かから逃げてしまう人は
また、逃げてしまう可能性が高いです。
 
逃げるほうが楽でいいですからね。
 
 
何もしないで開花する才能なんてない。
 
その通りだと思います。
 
 
僕は今まで自分には何も
自慢できるような取り柄がないと
思って生きてきました。
 
 
でも、読書するようになり
多くの成功者の成功体験を
目にするようになり、
 
最初から才能ある人なんて
ほとんどいないじゃないか
と思うようになりました。
 
 
なぜなら、成功者は成功するために
想像を絶する努力をしているからです。
 
 
そして
僕が取り柄がないと思っていたのは、
才能がないからではなく
何もやっていなかったからだ
ということに気付きました。
 
 
やりたいことが見つからないのではなくて
何もやっていなかったんです。
 
 
それでは、いくら環境を変えて
自分探しをしてみても
見つかるわけがありませんよね。
 
 
僕がしていたのは、ただの現実逃避でした。
 
 
そのことを
言い当てられたような文章でした。
 
 
逃げないで自分を磨く。
 
才能を開花させるには不可欠なことですね。
 
 

自分との約束を守る

 
自分と交わした約束を守れるやつはほとんどいない

「秘密結社ladybirdと僕の6日間」より引用

P 250
これも納得の言葉です。
 
人との約束を守ることは大事ですが、
自分との約束を守ることも大切です。
 
 
僕はネガティブ思考で
自信のない人間なのですが、
それは自分のせいでした。
 
 
自分との約束をことごとく破っては
自分の自信をなくしきました。
 
 
ブログを立ち上げる前は、
今日こそはブログを書こうと
自分に約束しては、
平気でその約束を破ってきました。
 
 
そうやって、
自分で自分を信じることができなくなって
自信を喪失してきたことに気付かされました。
 
 
なんとも情けないことですが、
本当のことです。
 
 
人との約束は守り、
自分との約束も守る。
 
 
自信を持って生きていくために
必要なことですね。
 
 

今日さえできれば一生できる

 
今日一日だけでいい
 
こんな過ごし方をしている奴が合格を手にするにふさわしいだろうと
自分でも納得できるような過ごし方を、1日だけでいいからしてみると決意しろ
 
1日できる奴は、一生できる
 
今日一日すらできない奴には、一生チャンスはない

「秘密結社ladybirdと僕の6日間」より引用

P 294
1年後の自分の目標に向けて
365日間、毎日頑張り続けるのは
かなり難しいです。
 
 
1年後の自分は具体的にイメージしずらいし、
1年後ってけっこう先のことですからね。
 
 
でも、今日一日だけだったら
頑張れそうな気がしませんか?
 
 
たった1日、今日だけでいいんです。
 
1年間頑張ることに比べたら
365倍も気が楽ですよね。
 
 
1年後だろうが、半年後だろうが
結局は今日という一日の
積み重ねでしかありません。
 
 
今日ができれば
明日もあさってもできますが、
 
今日すらできなければ
ずっとできません。
 
 
明日のことを気にするよりも
今日一日、「今」に集中する
ということですね。
 
 
 
以上になります。
 
 
記事を書いていたら、
ウトウトしていた眠気も
いつの間にか吹き飛びました。
 
 
 
それでは、また。

コメント

タイトルとURLをコピーしました