誰かに嫌われたってかまわない

読書
こんにちは、
小雨くらいだったら
傘をささないやっさんです。
 
今回は、
「メンタリストDaiGoの幸せをつかむ言葉」
という本について書いていきます。
 
 
 
今回から〈思考篇〉に突入です。
 
 
 

人は行動をする前に考えている

 
人は考えてから行動します。
 
考える→行動
 
行動をする前に
必ず考えています。
 
 
例えば、
 
朝、コンビニでコーヒーを
買おうと思って買うし、
 
雨降りの予報だから、
今日は傘を持っていこう
と思って傘を手にし、
 
それなら
早めに出かけたほうがよさそうだ
と思っていつもより早めに出かけたりします。
 
 
行動より前に頭で考えているんです。
 
 
あなたが、
このブログを読むかどうかも
読むという行動の前に
読むに値するかどうか考えたはずです。
 
 
正しい行動をするためには
思考を鍛える必要があります。
 
 
前回までの〈行動篇〉で
学んだことを活かすために、
 
今回から〈思考篇〉で気になった名言を
ピックアップしていきます。
 
 
 
この〈思考篇〉も1記事には
収まりきらないので、
何回かに分けていきます。
 
お付き合いいただければ幸いです。
 
 

批判されることをやるのはチャンスだ

 
それでは、本題です。
 
他人にダメだと言われたときにすべては始まり、自分がダメだと思ったときにすべてが終わる

「メンタリストDaiGoの幸せをつかむ言葉」より引用

 
あなたは「ドリームキラー」
という言葉を知っていますか?
 
直訳すると「夢を殺す人」です。
 
 
あなたの達成したい目標や夢を
 
「お前にそんなこと、できるわけない」
 
と言って邪魔する人のことです。
 
 
ドリームキラーのように
批判してくる人は
たいてい、その夢を
達成したことがない人です。
 
 
自分もやってみたい気持ちはあるけど
やる勇気がないから妬んだり、
 
やったことがないから、
やれるわけがないと
思い込んで批判してきます。
 
 
やったことがないから
分かるわけもないのに。
 
 
強い信念がない人は
ドリームキラーの言うことを
真に受けてしまい、夢や目標を
あきらめたりしてしまいます。
 
 
せっかく、夢を見つけたのに
夢を失ってしまいます。
 
非常に残念なことです。
 
 
しかし、
考え方によってはチャンスとも言えます。
 
チャレンジするライバルが少ないからです。
 
 
自分ができないと思ってしまったら、
どうやってもその先に行くことは
できないです。
 
逆に
自分ができると思えば、
どこまでもいけます。
 
 
ということは、
周りに批判されないようなこと
というのは、誰かがすでに
やっているようなありきたりなこと
とも言えます。
 
 
時代を切り開いてきた人は
たいてい批判されてきた人ばかりです。
 
アップルのスティーブ・ジョブズもそうだし、
堀江貴文さんなんかもそうです。
 
 
なので、
 
「おまえなんかに出来っこないって」
 
と言われるようなことは
誰もがやらないので、
 
本当に自分が成し遂げたいのであれば
チャレンジしてみる価値があるかも
しれないですね。
 
 
ダメだと言われてからが、
スタートです。
 
 

失敗を悔やんでも意味はない

 
大切なのは、失敗から学ぶことで、失敗した自分を責めることではない

「メンタリストDaiGoの幸せをつかむ言葉」より引用

 
失敗してしまったという過去は
どうやっても戻りません。
 
タイムマシーンなんてものは
どこにもありません。
 
 
戻ることができない過去のことを
考えていても仕方がないです。
 
戻れないんですから。
 
 
それよりも
失敗から学び
これからにどう活かしていくか。
 
 
次は成功するために
失敗を使う
 
と考え、
これを何度も繰り返すことで
成長できます。
 
 
失敗が成功に繋がっていることを
知っていれば、失敗が怖くなくなります。
 
 
むしろ、
失敗しないと成功できないことが分かり、
 
どんどん失敗をして
どんどん成長していきます。
 
 
失敗が怖いと思っているのは
単なる幻想にすぎません。
 
失敗を恐れずに
挑戦しまくって
成長しまくりたいですね。
 
 

嫌われることを恐れるな

 

誰かに嫌われたって構わない

 

自分を殺して、誰にも嫌われず誰にも好かれない人間になるより、

多くの人に嫌われたとしても誰かが本当にあなたのことを好きになってくれる

生き方をしよう
「メンタリストDaiGoの幸せをつかむ言葉」より引用

 
僕は、みんなに好かれている
ということは、
みんなに好かれていない
ということと同じだと思います。
 
 
自分が苦手だと思う人と
無理に仲良くすることを考えるよりも、
自分にとって大切な人と
良い関係を築くことのほうが有益です。
 
 
どんなにみんなから
好かれるような人だとしても
全員から好かれることは不可能です。
 
 
信じられないかもしれませんが、
福山雅治を嫌いな人だっているんです。
 
 
自分にとって
どうでもいい人のことは
支障のないくらいの関係にとどめて、
 
自分にとって大切な人と
いい関係を築くことに力を注ぐべきです。
 
 
時間は有限ですからね。
 
 
 
 
 
今日はここまでです。
 
 
あなたの気になる言葉はありましたか?
 
 
気がついたら外は小雨から
本降りになってきたので、
帰りはさすがに傘をさして帰ります。
 
 
 
 
 
それでは、今日はこの辺で。
 
 
 
 
 
 
 

コメント

タイトルとURLをコピーしました