革命のファンファーレを読んで著者のイメージが革命的に変った

読書
こんにちは、
大貧民で革命を起こすのが
好きな、やっさんです。
 
今日は、「革命のファンファーレ」
という本について書いていきます。
 
 
 
この本の著者は、
お笑い芸人のキングコング西野さんです。
 
何かと有名な人ですよね。
 
 
正直なところ、僕は
キングコング西野さんのことは
そんなに好きではありませんでした。
 
 
特別な理由はないのですが、
なんとなく。。
 
僕の完璧な偏見ですね。
 
 
でも、この本を読んでからは
西野さんに対する見方が
ガラッと変わりました。
 
180度、
 
いや、360度
変わりました。
 
(いや、戻ってるやんけー!)
 
 
 
本の内容は、
ビジネスの入門書のようなイメージです。
 
 
キンコン西野が
ビジネスの話??
 
と僕も最初は疑問でしたが、
読んでいくうちに納得しました。
 
西野は、けっこうやってるな。
って。
 
 
それでは、僕が気になったところを
見ていきます。
 
 

お金とは一体何なのか

 
 
P32
お金とは何か?
「革命のファンファーレ」より引用
 
お金とは何か?
と言われて、
あなたは何と答えますか?
 
 
恥ずかしながら僕は、
心の中で
 
(何かって?お金はお金だろ)
 
とか思っていました。
 
 
この本を読んで少しは
お金の知識もつきましたが。
 
 
P33
「お金」とは信用を数値化したものだ
「革命のファンファーレ」より引用
 
本書にも書いてあるんですが、
一万円札は約20円で作られているそうです。
 
僕たちは1万円札には
1万円の価値があると思っています。
 
 
厳密に言えば1万円札は
20円で作られた紙ですが、
 
誰も20円で作られた紙とは思っていなくて、
1万円の価値がある紙と認識しています。
 
 
それは、1万円札があれば
1万円分の何かと交換できる
という「信用」がその紙にはあるからです。
 
 
紙幣は価値と交換することのできる
チケットのようなものです。
 
 
1万円札であれば1万円分の
千円札なら千円分の
何かと交換することができる
という信用を数値化したものです。
 
 
P35
お金の正体を知らずに、お金を集められるわけがない
「革命のファンファーレ」より引用
 
と西野さんは言っていますが、
僕もその通りだと思います。
 
 
ということで、
 
「お金とは何か?」
 
の答えは、
お金とは信用を数値化したもの
です。
 
 
なので
お金が欲しかったら、
信用を集めるといいということですね。
 
 

価値があるモノを無料であげる

 
P104
価値があるモノ(無料ではないモノ)を無料公開しているから、ファンが生まれ、巡り巡って、お金が落ちている
「革命のファンファーレ」より引用
 
今、世の中で成功している企業の多くは、
価値があるものを無料で提供しています。
 
 
You Tubeだって
Facebookだって
LINEだって
無料で使えます。
 
 
LINEで無料で通話ができるなんて
今では当たり前のことですが、
数年前だったら考えられないことですよね。
 
 
僕が高校生の頃は、
携帯電話(ガラケー)の料金に
月に2万円くらい使っていた
こともありました。
 
 
どんだけ電話すんねん!
って感じですよね。
 
 
それが、今じゃ無料です。
 
2万円→タダ
 
 
でも、無料なんかにしたら
会社潰れちゃうじゃん?!
 
って、最初僕は思っていました。
 
 
ところが、
信じられないことに
無料にしたほうが売上が伸びるんです。
 
 
なぜなら、
有料サービスや企業広告で
儲けているからです。
 
 
価値があるものを無料にすることで
多くの人が利用するようになります。
 
その集まった多くの人に対する
有料サービスや企業の広告で
売上を上げているんですね。
 
 
多くの人が利用している
ということに大きな価値があります。
 
 
例えば、
You Tubeが有料だったら
最初の利用するまでの段階で
ハードルが高いので、
 
「動画みたいけど、金かかんのかぁ」
 
と買う人が減ってしまいます。
 
 
そうすると、
多くの人が利用できないので、
その後の有料サービスにつながらず
売上が上りません。
 
利用者が少ないと
企業の広告の効果も弱まります。
 
 
それよりも、
入り口を無料にすることで、
より大きな見返りを狙っているんですね。
 
 
信じがたいですが、
身の回りの無料で使っているものを
考えてみると全部そうでした。
 
 
最初にいきなり
お金を取ろうとするのではなくて、
信用を得てから後でお金を取るんですね。
 
 

信用を稼ぎまくった後にお金化する

 
P271
全ての信用はお金化することができる
 
あとは両替機を用意するだけだ

「革命のファンファーレ」より引用

 
お金とは信用を数値化したものです。
 
お金=数値化した信用
 
 
ということは、
信用をたくさん持っていれば
それをお金に変えることができます。
 
 
なので、
お金を稼ぎたかったら
先に信用を稼ぐことです。
 
 
親友から紹介された商品には興味がわくけど
全く知らない初めて会った営業マンの
言うことは聞かない人がほとんどです。
 
それは、その関係性に信用がないからです。
 
人は信用のない人の話は聞かないし、
信用のある人の話は聞きます。
 
 
とにかく、
最初はお金を稼ぐことを考えないで
無料で価値を提供し続けて
信用を手に入れて
 
その後に、
それをお金に変えていくことです。
 
 
 
 
まずは、
信用を稼ぐために
努力を続けていくしかないんですね。
 
 
 
 
 
以上になります。
 
 
 
西野さんは炎上ばかりしていますが、
それさえも見方にしていく西野さんは
やはり、すごいと思います。
 
 
この本のレビューは賛否両論ですが、
ちゃんとこの本を読めば西野さんの
イメージも変わると思います。
 
 
僕は、あまり西野さんに良いイメージを
持っていなかった側の人間ですが、
この本で一気にひっくり返されました。
 
 
悔しいけどやられました。
 
今後の西野さんの
活躍を期待したいですね。
 
 
 
それでは、今日はこの辺で。
 

コメント

タイトルとURLをコピーしました